新米パパの育児大好き > パパのひとこと > 育児・子育て編 > 子供の病気、夜間電話相談開始について

 子供の病気、夜間電話相談開始について
2003/09/23

厚生労働省が来年度から電話で小児科医から助言を得られる電話相談事業を始めるとのことです。特定の電話番号にかけると医師の携帯電話に転送され助言が得られるとのこと。

私の住んでいる地域では、休日や夜間、複数の病院が順番で子供の救急患者を受け入れる輪番制が実施されていますが、日によっては救急車で1時間以上も乗っていなければならないとか・・・。
今までは近隣の小児科のある総合病院に電話をして、看護婦さんに症状を伝えて小児科医が待機していない、その病院へ連れて行くべきかを聞いていましたが、来年度からは確認する相手が小児科医ならば一層安心ですね。

すぐに救急車を呼べばいいのでは? と思われる方もいるかと思いますが、私自身が幼児期に左手首に大怪我をし、救急車で病院に運ばれた経験があり、一生残ると思われる後遺症があります。その時の救急病院の医師があと20分遅ければ命の保証はなかったと話していたそうです。
20分という時間は、呼んだ時点で救急車がすでに出動しており消防署(出張所)に1台も待機していなかった場合は、間に合わなかったことを意味します。

現在、タクシー代わりに安易に救急車を呼ぶ人が増えているそうですが、特に軽い怪我や病気で呼んだ場合、その影には間に合わずに亡くなる人がいることを認識してもらいたいものです。
そのためにも、今回の厚生労働省の電話相談事業を有意義に活用したいものです。

コメント

もえ  2006/08/30(Wed) 23:42:59
今 もえが腹が痛いって 息すれば痛いってどうすればいいの?


育児・子育て編へ戻る

コラムに対するご意見、ご感想


| My Ikuji | 検索 | 育児スタイル | 新着情報 | 赤ちゃん準備 | 参加する | コラム | 子育て事情 | 育児記録 | リンク集 | イベント・特集 | ウェブリング | ランキング | マタニティ特集 | キッズ特集 |ベビー特集 |
| 新米パパの赤ちゃん準備用品 | 育児・子育て便利グッズ | 新米パパの商品紹介 | 役立つグッズ | 『ベビー・キッズ・マタニティ』セレクト・ステーション | 『子供服』セレクト・ステーション | Ikuji Style | 子育て用品 | 育児用品 | pick up ! 用品 | 出産内祝い |
当サイトについてリンクについて | お友達に紹介する | スタッフ | サイトマップ | 広告掲載について | よくある質問とその答え | 管理人へ |
| 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 |

赤ちゃん育児と幼児子育ての新米パパの育児大好き赤ちゃん育児と幼児子育ての「新米パパの育児大好き」(イクメン)

文章や画像等の無断転載、無断複製を禁止します。
Copyright:father's angel-父親による妊娠・出産・育児・子育て新米パパの育児大好き(子育て.net)- All rights reserved.