新米パパの育児大好き > パパのひとこと > 家族・家庭編 > 配偶者控除の廃止と児童手当て拡充

 配偶者控除の廃止と児童手当て拡充
2003/09/17

現在、女性の社会進出、地位向上のため「配偶者控除の廃止」の法案が審議されています。
小さなお子さんがいて、この不景気の中でどれだけのママが働くことができるのでしょう・・・。
考え方を変えれば「女性は子供を産まずに働けばよい」と言っているように思えます。
産休や育休を取り、就業する女性も増えた事による女性の社会進出、地位向上と聞きますが、私の周りに、出産後も同じ会社で働いているママはいませんし出産後も同じ会社で働きたいという人は少数派です。
統計を取る場合、福利厚生の行き届いた公務員や大企業ばかりでなく国民の大多数が閉める中小企業で働く女性も対象として戴きたいものです。

この件の設立の条件に児童手当の拡充が上げられていますが、月5000円ではミルク代にもなりません。この件とは関係なく上げてもらいたいものです。

また、以前に新聞の投書で見ましたが、子供を公立の幼稚園に入学させる時に役所の担当者に聞かれて初めて児童手当という制度があることを知った方がいるそうです。児童手当は過去に遡ってもらうことが出来ませのであきらめたそうですが、出生届を出す時には何の説明もなかったそうです。
私が出生届を出すときには次に何番の窓口へと言われ提出しましたが、そういう制度があることも言わない自治体もあるようですね。
児童手当拡充も大事ですが、まず全員が公平にもらえるように指導してもらいたものですね。

家族・家庭編へ戻る

コラムに対するご意見、ご感想


| My Ikuji | 携帯 | 検索 | 育児スタイル | 新着情報 | 赤ちゃん準備 | 参加する | コラム | 子育て事情 | 育児記録 | リンク集 | イベント・特集 | ウェブリング | ランキング | マタニティ特集 | キッズ特集 |ベビー特集 |
| 新米パパの赤ちゃん準備用品 | 育児・子育て便利グッズ | 新米パパの商品紹介 | 役立つグッズ | 『ベビー・キッズ・マタニティ』セレクト・ステーション | 『子供服』セレクト・ステーション | 育児用品 | pick up ! 用品 | 出産内祝い |
当サイトについてリンクについて | お友達に紹介する | スタッフ | サイトマップ | 広告掲載について | よくある質問とその答え | 管理人へ |
| 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 |

赤ちゃん育児と幼児子育ての新米パパの育児大好き赤ちゃん育児と幼児子育ての「新米パパの育児大好き」(イクメン)

文章や画像等の無断転載、無断複製を禁止します。
Copyright:father's angel-父親による妊娠・出産・育児・子育て新米パパの育児大好き(子育て.net)- All rights reserved.